イメージとホンモノ

「紳士」のイメージ

イギリス人と言えば、どんなイメージを持ちますか?やはり男性のイメージ、しかも「紳士」のイメージでしょう。ではイメージの中の「紳士」とはどのような感じですか?燕尾服にステッキに山高帽、この3セットは外せませんね。これが、まだイギリスを訪れたことのない人の、イギリス人に対する一般的な固定イメージとなっていることでしょう。

自然な気遣い

でももちろん、道を歩いていて「紳士」に出会うことはありません。当たり前ですね、現代なのですから。でも私自身、イギリス人男性に「紳士」を感じることは、確かにありました。大変さり気なく、そしてタイミング良く気遣いをしてくれるからです。例えば、タクシーに乗り込む時、ドライバーが世間話をしながら気づいたら車内に荷物を入れてくれていました。

街

また、建物に入る時にはいつも、タイミング良くドアが開けられていました。つまり、自然≠ニ気遣いをされているのです。その気遣いは全く大げさではなく、いやらしくなく、まるで自分の行動の一部のようになされるので大変居心地が良いのです。

イギリス人が「紳士」だと言われる所以、それは、イギリス人男性が燕尾服を着ていた頃からすでに体の中に染み付いた、素敵な国民性のひとつを表している言葉なのかもしれませんね。

やっぱり「Gentleman」

ちなみに、日本以外の欧米諸国にも、イギリス人に対する「イメージ」というのがあります。やはり私たちが思っているのと同様に「Gentleman」のイメージを持っているようです。




当サイトでは、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。当サイトのご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。

Copyright (C) 異文化 海外留学 滞在記. All Rights Reserved.