マズイ!?

最も美味しいイギリス料理

イギリスの料理はまずい、という評判は、実は世界中で有名です。イギリスで一番美味しいのは、パンとシリアルと卵とベーコンがついた朝食である、というのは有名な話です。ちなみにこれをイングリッシュ・ブレックファストと言い、朝食のボリュームとしては多い方です。味より量、という意味で先ほどの評判となるわけですね。何よりイギリス人自身が「イギリスの料理はまずい」と言うくらいですから、顔で苦笑い、心でほくそ笑む、といった感じです。

ちなみにこのイングリッシュ・ブレックファスト、スコットランドへ行くとスコティッシュ・ブレックファストとなります。中身は全く同じなのですが、スコットランドのプライドが尊重されているのでしょう。

イギリスの各国料理

では当のイギリス人は何を食べているのでしょうか。彼らがよく食べているものを思い出してみると、豆の煮込み料理、パスタ、カレーあたりが人気食のようです。冷凍食品も多用されています。また、国籍豊かな国らしく、各国料理のレストランが大変豊富なので、食べる楽しみは案外あると言ってもいいでしょう。
日本食も人気ですが、レストランに行くとかなり高いため、手作りの寿司を振舞ってあげるととても喜ばれたりします。基本的にどんな料理も、味付けは濃い目でハッキリしている方が好まれるようです。

つまり結論としては、イギリスでの料理は思ったよりも楽しめる、ということです。ただし、イギリスのお国料理と言うよりも、各国料理が楽しめる、という意味合いの方が強くなりそうです。




当サイトでは、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。当サイトのご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。

Copyright (C) 異文化 海外留学 滞在記. All Rights Reserved.