美味しく食べよう

苦手な食事

私がイギリスに滞在していた頃の思い出話です。 家のホストが毎回食事を作ってくれるのですが、最初の頃はどうにも味に違和感を覚えて、無理やり胃袋に押し込んで満腹感を得ていました。基本的にあまり料理に手をかけませんし、味付けも「塩味」「中華味」といったようにハッキリと濃い目なので、飽きやすかったせいもあるでしょう。毎日食べていると、そのうち食事の時間が苦痛に感じられて、学校のランチで食べるマクドナルドがとても楽しみだったほどです。
どれだけ日本の美味しいコシヒカリ、真っ白のごはんが恋しかったことか。。。
中でもホストの作るパスタは苦手でした。一体何を入れたらあのような味になるのだろうか、という感じで、いつパスタが出てくるかと思っていたものです。

苦手が好物に

ところがです。何度か我慢して食べているうちに、ある日そのパスタを「美味しい」と思う瞬間があったのです。味付けに変化はありませんでした。ただ、「美味しい」と感じたのです。それ以来私は、180度変わってそのパスタが楽しみになってしまい、ある時ホストに「あのパスタ好きなの。また作って」と言うと、ホスト自身に「へえ〜」と驚かれたほどです。不思議なものです。これが、住めば都というものなのでしょうか。

キッチン

冷凍食品にも慣れていきました。お気に入りだったのは、セインズベリーというスーパーに売っていた、ガーリックソース入りチキンフライでした。熱々のチキンにナイフを入れると、中からガーリックソースがじわ〜っと流れ出てくるという代物で、高熱を出した日でもそれが食べたい、とホストに言ったくらいのお気に入りでした。 食事がまずいというイギリス、それでも住めば何でも美味しくなるものです。




当サイトでは、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。当サイトのご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。

Copyright (C) 異文化 海外留学 滞在記. All Rights Reserved.