夜景

ビールの種類

ビールで語らうパブ

イギリスと言えばパブ、パブと言えばビールです。日本でパブというと、少々いかがわしく聞こえますが、イギリスの元祖パブは全く趣が異なります。パブは、人々が集う場所。一日の疲れを癒しながら、ビールを片手に語らう場所です。

ビールその他

イギリスでパブに行くと、何種類ものビールに出会うことができます。まずはその個性的なビール達を紹介してみましょう。私たち日本人にとって最も飲みやすいのが、ラガーです。癖のあるビールが特徴のイギリスでは、ラガーが一番美味しく飲めるのではないでしょうか。

ビール

イギリスビールの代名詞と呼ばれるのが、エールと呼ばれる種類です。アルコール度数が強く、飲み口は苦めなので、日本人にとってはビールと言うよりも別のアルコールといった感じです。エールの中でも特に苦味の強いものをビターエールと言い、色もかなり濃い目です。ギネスに代表されるのはスタウトという種類です。苦味が強いのですが、ほのかな甘みも感じます。泡はクリーミーです。ちなみにギネスは、正しくはアイルランドのビールです。

この他によく飲まれているアルコールとして、サイダーがあります。こちらのサイダーは日本のとは違って、もちろんアルコールが入っています。日本の果物発泡酒であるシードルに似た飲み物です。大変飲みやすいのですが、アルコール度数が高めなので、調子に乗って飲んでいるとかなり酔っ払ってしまいます。

へべれけ禁止

日本でよく見かけるような、千鳥足でへべれけになってしまうような人は、イギリスではあまり見かけません。節度を保って、楽しくビールを味わいたいものですね。




当サイトでは、できる限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。当サイトのご利用により生じたいかなる損害において一切責任を負いません。

Copyright (C) 異文化 海外留学 滞在記. All Rights Reserved.